今こそ攻めの経営を!

ココペリインキュベートのスタッフ~blog

 

どれが急ぎか

こんにちは、スタッフの安村です。

法律の条文を見ていると、頻繁に
「遅滞なく○○しなければならない」ですとか
「速やかに○○しなければならない」ですとか
「直ちに○○しなければならない」ですとか
いう文章にぶつかります。

これ、どう違うんでしょうか。

急がなければいけない度合いは、ゆっくりでいいものから順に
遅滞なく→速やかに→直ちに
となっているようです。

何日以内、という書き方に比べるとアバウト極まりない表現ですが、
できたら5日~10日以内くらいで終わらせたいものですね。

その昔の勤務先の会計士の先生に言わせると
「何日でやれ、と数字で書いてないんだから
『いつでもいいよ』って意味だろ」とかおっしゃってましたが・・・
ちょっとどうかと思いますねw

++++++++++++++++++++++++
経理や記帳代行なら東京の経理・給与計算代行センター
株式会社ココペリインキュベートにお任せ下さい!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。