今こそ攻めの経営を!

ココペリインキュベートのスタッフ~blog

 

2016年05月の記事

個人型確定拠出年金について

こんにちは。鈴木です。
今回は先日、国会で法案の改正がありました「確定拠出年金」について書きたいと思います。
年金制度には公的年金と私的年金の2種類があり、確定拠出年金は私的年金に該当するもので、国民年金や厚生年金等の公的年金に上乗せするような形で位置づけされているものになります。
このブログでは、私も加入を検討中の個人型確定拠出年金について書いていきたいと思います。

「確定拠出年金」とは、平成13年6月に成立した「確定拠出年金法」に基づき導入された年金制度をいい、企業型年金と個人型年金の2つの種類があり、さらに加入資格によって、拠出の限度額が変わってきます。
確定拠出年金は、日本の公的年金や私的年金の抱える問題を補い、老後の暮らしの備えを加入者自らが作っていく年金として期待されています。アメリカで普及している年金制度401kをお手本にしているもので、「日本版401k」とも呼ばれます。

個人型確定拠出年金は自分で掛金を支払って自分で金融商品を選択し、自分で運用商品のアロケーション等を決め、運用していくものです。よって、将来受け取る年金額は選択した運用商品の成果次第で変動していくものになります。よって、運用がうまくいけば期待値より多くの年金を受取ることができますが、元本割れのリスクがある商品になります。ただ、元本保証の商品もあります。拠出は金融機関を通して行いますが、運用商品にはどの金融機関でも必ず一つは元本保証の商品を設置することが義務付けられているため、リスクをあまり取りたくない方はこれらの元本保証商品を中心に運用していくこともできます。

確定拠出年金は国や生命保険会社任せではなく、自分で資産運用プランを立て、商品選択・実行、運用成績のチェック、資産の再配分などのPDCAサイクルを回しながら運用していくことになります。
尚、受け取りは60歳以降に「老齢給付金」として受け取ることになります。※60歳未満は原則受け取ることが出来ません。
60歳以降にしか受け取れないのをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかはそれぞれですが、私達世代の公的年金が65歳以降、もしくは70歳近くになってやっと受け取れるという予測では、後述する税制優遇を受けながら運用をして60歳で受け取れるというのはメリットと捉えられると考えています。

確定拠出年金は税制面で優遇されており、3段階の税制上のメリットがあります。
1つ目は掛金の拠出時、拠出限度額まで所得控除の対象になります。掛金が全額所得控除になるということです。
2つ目は運用時、運用して得た運用益は「非課税」です。一般的な運用ですと、例えば預金利息は20.315%、株式売買益も20.315%の源泉徴収がされます(※NISAは少額投資非課税制度)。
3つ目は受取時、受取時は年金として年に数回に分けて受け取る方法と一時金として受け取る方法とを選べます。年金として受け取る場合は雑所得として所得税・住民税の課税対象となりますが「公的年金控除」の適用を受けられます。
一時金として受け取る場合は、退職所得として所得税・住民税の課税対象となりますが「退職所得控除」の適用を受けられます。
金額のシミュレーションはここでは行いませんが、これらは大きなメリットになります。最低でも拠出した分だけは所得控除になりますので、仮に所得税率が20%の人でしたらそれだけで20%の運用益を得たのと同じになります。通常の投資信託等は運用益に課税されますが、確定拠出年金は運用益は非課税、受取時も優遇があるので、個人的にはNISAよりお得だと思います。

ただ、キャッシュ・フローの視点でいくと、確定拠出年金は毎月キャッシュアウトしていく制度になりますから、不動産投資などのうまくいけば月次でプラスのキャッシュ・フローが生まれる投資と比べると不利という考え方もあります。
ただ、給与所得者にとっては、元本保証の商品もあり、比較的安定的に運用していくという制度としては良い制度だと思います。
拠出金は5,000円/月から設定でき、上限はサラリーマンで23,000円/月、個人事業者は68,000円/月までとなっています。
興味がある方は調べて見て下さい。
それではまた。

########################################
記帳代行・給与計算代行ならお任せ下さい!
株式会社ココペリインキュベート
スポンサーサイト

自己紹介

初めまして、好きな食べ物 皿うどんで有名な河連です。
(小学校の卒業文集に既に好きな食べ物欄に書いてありました(驚き)

現在まで発熱&頭痛にうなされてましたが、皿うどん食べて元気を出したいと思います!

さて本題ですが、私は3月に入社したばかりの新人ですので仕事についてはまだ語れる物を持っていないので
皿うどんの良さや、私が何故好きになったのかという点を語っていこう!!と思ったのですが。。。




体調が優れないためまた次回に、じっくり語らせて頂こうかと思います。(申し訳ございません!!m(__)m



寒暖差がすごい5月で体調崩しやすいので、みなさんどうぞお体をご自愛下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。