今こそ攻めの経営を!

ココペリインキュベートのスタッフ~blog

 

2015年07月の記事

認定試験が進まない!!

はじめまして。スタッフの風間です。

FP2級試験は無事に合格できたものの・・・
AFP認定試験である提案書が一向に進まない・・・
ということで、知り合いのプランナーさんに相談し、色々と教えていただく事に。
しかしながら、どうやってもキャッシュフロー表の数字が合わない!!
もう私もプランナーさんもぐったり(笑)
2時間も奮闘した結果。
「どうやっても合わない。」
「もう宿題!!」
ということになり、
他のCFPの方も加わり、3人でそのままご飯を食べに行きました。
ご飯というよりお酒を飲む!!でしょうか?(笑)
とにかくお酒が大好きな女子3人。
認定試験のことなんか忘れ、ただの女子会と化していました。
そして、楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰宅しました。
ん?
提案書はどうした?
また、ズルズルしてしまう気配満点です・・・
早く認定試験に合格出来る様!
マイペースに進めて行きたいと思います!(笑)

提案書を一緒に考えて頂き、お酒をご馳走して頂いた
100ten.schoolの皆様ありがとうございました!
スポンサーサイト

ONE PIECEアプリから学ぶ価格の決め方

はじめまして、森垣です。SHARESの開発を担当しています。
ブログメンバーに入れてもらったので今後ちょこちょこ書かせていただきます^^

さて、私はAmazonで書籍をよく購入するのですが、いつも不思議に思うことがあります。
紙の書籍よりもデジタル版の方が価格が低く設定されていることが多いんですね。これがすごく不思議です。





原価という点ではデジタル版はコストが低いのは確かです。
ダウンロードごとにコストがかかるわけではないし(厳密にはサーバーコストはかかります)、在庫リスクもない。
逆に価値、という視点で見てみるとデジタル版は紙媒体よりもはるかに利便性が高い、と私は思っています。

ざっとあげてみても、、
・場所をとらない(本棚必要なし!)
・いつでも好きなときに自分のもっている全ての本が読める(あの本もってくればよかった!ってこと時々ありますよね)
・バックの中でかさばらない(これすごく大事)
・絶対になくさない(クラウドに保存されてるので万が一スマホをなくしても大丈夫です)
・劣化しない(当然ですが日焼けして色が変わることもありません)
・検索ができる(小説は検索しませんが、ビジネス書などではたまーに便利です)
・もし捨てるとしてもワンクリックで削除するだけ(紙の本は捨てるのもひと苦労)

まちがいなく便利です。
でもこんな声も聞こえてきそうです。

「やっぱり本は紙がいいんだよねぇ。あの紙をめくる感じがねぇ。」

それはそれで価値なので紙もあっていいと思います。
私もこれはなんとなく紙で読みたいなーというときは正直あるので。

紙をなくす必要はない、でもデジタル版の価格をコスト面だけみて紙より下げないといけない、ということもないと思います。
価格が上がってもデジタル版を好む層はきっと買います。圧倒的な利便性を知っているので。
利便性の他にもデジタル版の価格を上げるべき、と思う理由はあります。

・これからどんどん書籍のデジタル化が進んでいくことは明らかなため、デジタル版の価格を低く設定していると市場が縮小してしまう。
・デジタル版は付加価値の提供がしやすい(マンガであれば全編カラー版の提供など。カラーの印刷コストはかからない)。

このあたりでしょうか。

先日ONE PIECEのアプリをダウンロードしたのですが、感動しました。

・単行本1冊分がデジタル版で400円。
・全ページフルカラーのデジタル着色版が500円。

モノクロ版ですら紙よりも高いです。でも私はフルカラー版を買いました(笑)
マンガで読んだシーンもフルカラーで読むとまた新鮮です。これこそがデジタル版の付加価値だな、と思います。
フルカラーで印刷したら印刷コストが跳ね上がって一冊500円じゃすまないですよね。

さらに、毎日1話(20ページくらい)だけ無料で読める機能がついてます。
続きを早く読みたかったら買ってね、ということです。これもデジタルだからできること。ユーザー心理をよくわかっています。3日我慢しましたがまんまとやられました(笑)

ちなみに、このONE PIECEのアプリですが、1人の作家が描いたコミックス累計発行部数でギネス世界記録に認定された記念アプリだそうです。記念アプリ内でもきっちりビジネスをしてくるあたりもさすが(笑)


さすが集英社、さすがONE PIECE。いつもいろんな意味で感動させられます。
次回はONE PIECEから学ぶ組織論を書きたいと思います(笑)

消費税軽減税率導入について

 こんにちは。鈴木です。
 平成28年10月より消費税率10%への引き上げが決定された。
この開始時期は当初の予定より景気判断等を考慮して1年半延期しての開始ということになるが、開始時期についてはもう再考しないそうだ。景気判断等を考慮して再び延期することはなく確実に実施するとしている。
また、消費税率10%時に軽減税率を導入することも自民党、公明党にて合意している。
軽減税率を適用する対象品目については、「酒類を除く飲食料品」、「生鮮食品」、「精米」の3案を軸として検討していくそうだ。

 今回は、軽減税率が導入された場合の会計処理について考えてみたい。
消費税の納税額はご存知の通り、売上に伴う預り消費税と仕入に伴う仮払消費税との差額が納税額となっている(本則課税の場合)。
軽減税率が導入されると、例えば飲食店の会計処理の場合、仕入や備品購入の仕訳の際、品目ごとに消費税率を分けて計上する必要が出てくる。同じ店から食材と酒類を仕入れた場合、軽減税率対象食材は消費税○%、酒類は10%で計上することになるのだろうか。それだと処理にかかる時間や仕訳数も増えてしまう。
もしくは、軽減税率は生活必需品に対して適用される見込みなので、その場合、事業用の仕入や必要経費には適用されないのだろうか。
 会計ソフトは消費税額の計算・集計は自動で行なってくれるが、軽減税率が適用される品目については、税区分をいちいち変えなくてはならなくなる。そもそもお店は品目ごとに金額と消費税を分けて領収書に記載してくれるのだろうか。
購入した品目が複数ある場合、いちいちクライアントや仕入先等へ問い合わせをし、内訳を聞かなくてはならないのだろうか。
軽減税率対象のモノやサービスを提供している会社は売上請求書にも税率ごとに項目を分けて記載するなどの処置が必要になってくるのだろう。いづれにせよ業種によっては大きな事務負担につながりそうだ。
軽減税率導入については、レジ機材や販売管理システムなどのベンダーには特需になり得るだろうが、販売の現場では混乱が起こりそうだし、経理、会計税務に係る人間には負担増は避けられそうもない。
今後の動向に注目していく必要がありそうだ。


++++++ セミナー実施のお知らせ ++++++++

【マイナンバー制度 実務対応セミナー ~会社が準備せねばならないこと~】

■概要
テレビや新聞でも、最近取り上げられることが増えてきました。
すべての企業にとって大きな影響があり、対応を間違えると大きな問題になりかねません。今年10月にはマイナンバーが通知されることから、従業員から会社への問い合わせも殺到することも予想されます。
それまでに、会社として何をどのように整備しておかなければならないか、業務やシステムの見直し、情報の安全管理措置などについて具体的にご説明するセミナーを開催します。
基礎知識から実務対応策まで全てお伝えします!

■対象 SHARES会員企業/専門家
■日時 2015/07/23 13:00~15:00
■参加費用 3,000円(税込)※参加費用は当日会場にてお支払いください。
■定員 20名
■場所 アクセア 半蔵門貸会議室(東京メトロ半蔵門線【半蔵門駅】1番出口より徒歩約1分)
■住所 〒102-0092 東京都千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル5階 (地図:http://www.accea.co.jp/cr/access.html)

お申込みはこちらよりどうぞ。



*************************

経理代行・給与計算代行は、東京 経理・給与計算代行センター(株式会社ココペリインキュベート)にお任せ下さい!

e-文書法~税務関係書類のスキャナ保存制度の見直し~

こんにちは。
お久しぶりです、神乃です。
昨晩は、お客様先の暑気払いにご一緒させて頂き、楽しい時間を過ごしまして参りました!特に、念願のデリバリーパエリアを食べることが出来たのが嬉しかったです(๑´ڡ`๑)…我が地元にはパエリアのデリバリーが無いのです;;;;
都会って素晴らしいですね!


さて、今回は話題の税務関係書類に係る、スキャナ保存についてお話したいと思います。かねてより、スキャナ保存の要件緩和が求められてきましたが、平成27年度の税制改正によって、ついにそれが実現したのです!

平成27年9月30日以後に行う承認申請について、4つの改正が適用されます!
(実施する3ヶ月前に申請しないといけないので、実際にスキャナ保存開始できるのは最短で平成28年1月1日からです)

その1.3万円以上の領収書もOK!
これまで税込3万円未満も領収書しかスキャナ保存が認められていませんでした。
社内できちんと規程をつくって、その規程に基づいて事務処理をすれば、3万円以上の領収書もスキャナ保存が認められるようになったのです。

その2.関係帳簿の電子保存の承認要件が廃止!
業務処理後にスキャナ保存を行う場合に、これまでは関連帳簿の所轄税務署長による電子帳簿保存法の承認が必要だったのですが、こちらが不要になりました。

その3.電子署名が不要に!
これまでは、入力者の入力者の電子署名法に規定された電子署名と、タイムスタンプが必要でした。
そのうち、電子署名法に規定された電子署名は不要となり、今後はユーザーIDなどの入力者に関する情報の保存と、タイムスタンプを付すことだけが必要となりました。

その4.書類の大きさの情報不要!グレースケール保存OK!
重要書類以外の書類について、スキャナで読み取る時に必要とされている書類の大きさに関する情報の保存が不要となりました。
また、これまで原則カラーでの保存が必要でしたが、グレースケールでの保存でもOKになりました。


詳しくは、財務省HPの平成27年度税制改正の大綱(6/7)の「3税務関係書類に係るスキャナ保存制度の見直し」の部分をご覧頂くとわかりやすいと思います。

国税関係帳簿の電磁的記録等による保存等の承認申請はこちら


やはり、業績が伸びているような会社さんだと特に、経理書類を何年分も社内に保存していると、もう保存する場所がない!と困ることが多そうです。そんな場合は、社内整備をととのえたうえで、こちらの申請書を出してみては如何でしょうか。

よくよく変更点をあらためると、スキャン保存を導入するのは、まだまだ難しいなあ、という印象でした。
タイムスタンプは専用のシステムを導入し、タイムスタンプを発行する認定業者への支払も発生するそうなので、スキャン保存するのにも、初期投資がかなり必要になりますし…。
スキャン時の情報保存のスリム化も、重要書類以外に限定されていますし…。
一度えいやっととりかかってしまって、慣れてしまえばそちらの方が楽なのでしょうけども。


+++++++ セミナー実施のお知らせ ++++++++

【マイナンバー制度 実務対応セミナー ~会社が準備せねばならないこと~】

■概要
テレビや新聞でも、最近取り上げられることが増えてきました。
すべての企業にとって大きな影響があり、対応を間違えると大きな問題になりかねません。今年10月にはマイナンバーが通知されることから、従業員から会社への問い合わせも殺到することも予想されます。
それまでに、会社として何をどのように整備しておかなければならないか、業務やシステムの見直し、情報の安全管理措置などについて具体的にご説明するセミナーを開催します。
基礎知識から実務対応策まで全てお伝えします!

■対象 SHARES会員企業/専門家
■日時 2015/07/23 13:00~15:00
■参加費用 3,000円(税込)※参加費用は当日会場にてお支払いください。
■定員 20名
■場所 アクセア 半蔵門貸会議室(東京メトロ半蔵門線【半蔵門駅】1番出口より徒歩約1分)
■住所 〒102-0092 東京都千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル5階 (地図:http://www.accea.co.jp/cr/access.html)

お申込みはこちらよりどうぞ。



*************************

経理代行・給与計算代行は、東京 経理・給与計算代行センター(株式会社ココペリインキュベート)にお任せ下さい!

マイナンバーセミナー開催します

こんにちは、スタッフの安村です。

Shares事務局(株式会社ココペリインキュベート)の主催で
マイナンバーセミナーの開催が決定しました。
https://www.shares.ai/seminar/14495

テレビや新聞での露出も増えてきていますが
10月にはマイナンバーの通知が始まるようですので
あと3カ月くらいである程度の準備を整えておかないといけません。
3ヵ月なんてすぐですからね。。

会社として行うべき対策を
基礎知識から実務対応までお伝えします。
講師は社会保険労務士の竹谷先生です。

是非ご参加ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++
東京の経理代行・給与計算代行は、
株式会社ココペリインキュベートにお任せ下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。