今こそ攻めの経営を!

ココペリインキュベートのスタッフ~blog

 

2014年12月の記事

手帳

こんにちは、スタッフの安村です。

もうすぐ年が変わるなー・・・ということで、
手帳の購入にあたり「税務手帳」「会計手帳」を両方買ってみました。

私はこれまで税務手帳の方を使っていたため、
会計手帳は内容を知りませんでしたので
「中身はほぼ同じなのかな…?」と予想していましたが、
比べてみるとなかなか違いますね。

税務手帳の方は
国税通則、法人税、所得税、相続税・贈与税、登録免許税、
印紙税、消費税、地方税等・・・の概要が収録されています。

一方、会計手帳は
財務諸表等規則、連結財務諸表規則、四半期財務諸表等規則、
四半期連結財務諸表規則、会社計算規則、税法便覧、
・・・の概要となっています。

お客様先でちょっとした調べ物をするときにあると心強いこの手帳、
来年もお世話になりそうです。

(社会保険労務手帳…そんなのもあるんですね)
SN3M0042_0001.jpg

++++++++++++++++++++++++
経理や記帳代行なら東京の経理・給与計算代行センター
株式会社ココペリインキュベートにお任せ下さい!
スポンサーサイト

所得控除いくつか

こんにちは。鈴木です。
年末調整の時期となり、来年はすぐに確定申告の時期がやってきますが、本日は経営者や事業主向けに、税制上全額所得控除になる共済や基金をお伝えします。

小規模企業共済
http://www.smrj.go.jp/skyosai/index.html
掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で自由に選択できます。つまり最大84万円まで全額所得控除でお金を貯めることができます。

国民年金基金
http://www.npfa.or.jp/system/
掛金の上限は68,000円/月ですので、最大81.6万円/年が全額所得控除です。
一般の個人年金が最大で年額4万円(平成24年1月以降に契約した個人年金)までしか所得控除されないのに比べても断然お得です。

確定拠出年金
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/gaiyou.html
こちらも国民年金基金同様、掛金最大81.6万円/年まで全額所得控除です。


経営者や事業主の方はこのような制度を活用して節税を行ってはいかがでしょうか。


それではまた。

++++++++++++++++++++++++
経理や記帳代行なら東京の経理・給与計算代行センター
株式会社ココペリインキュベートにお任せ下さい!

16歳未満のお子さんは控除対象扶養親族か?

こんにちは、ココペリインキュベートの神乃です。

最近、年末調整の扶養控除申告書に、16歳未満のお子さんをどう記載すればいいのか?と、いう質問をよく耳にします。
16歳未満のお子さんについては、まだまだ扶養控除の対象のはず…という考えが根深いようですね。

平成23年分の所得税から、扶養控除が次のとおり改正されています。
・一般の扶養親族のうち、年齢が16歳未満の人に対する扶養控除(38万円)が廃止。
・特定扶養親族のうち、年齢が16歳以上19歳未満の人に対する扶養控除について、上乗せ部分(25万円)が廃止、扶養控除額が38万円に。
・扶養親族が同居の特別障害者である場合、扶養控除の額に35万円を加算。
・同居特別障害者である扶養親族に対する障害者控除額が40万円から75万円に引き上げ。

16歳未満のお子さんについては、現状、所得税の扶養控除の対象外となっています。
したがって、扶養控除申告書においては、用紙の一番下の「住民税に関する事項」の箇所にだけ、お名前その他の情報を記載すればOKです。

会社担当者の年末調整業務の佳境に入った頃でしょうか。
年に一度のことなので、なかなか効率よくすすめるのが難しいですが、もうひと踏ん張り、頑張りましょう!

最後に。
昨日、事務所のある麹町から、赤坂見附まで歩いた時に通った清水谷公園の紅葉が綺麗だったのでご紹介します。
都会のどまんなかにこんなに自然があるってなんか不思議ですね。



DSC_0130.jpg


それにしても、もう紅葉の季節で12月とは…まだ気持ちは夏の終わりなのですが(´・ω・`)


++++++++++++++++++++++++
経理や記帳代行なら東京の経理・給与計算代行センター
株式会社ココペリインキュベートにお任せ下さい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。