今こそ攻めの経営を!

ココペリインキュベートのスタッフ~blog

 

2013年12月の記事

会社設立の御祝い小物

こんばんは!
ココペリインキュベートの姜(かん)です。

体調不良で伏せており、二日遅れての更新になってしまいました。。。
嘔吐下痢症やのど風邪が猛威をふるっているそうなので、忙しい時節かと思いますが、皆さまもお体ご自愛ください。

さて!

当社では会社設立のお手伝いもしているのですが、無事設立が完了したお客様に御祝い小物をお贈りしています。


DSC_0254 (2) (450x800)


カブ(株)があがる蕪、松や梅、うちでの小づちや小判など、生まれたばかりの会社の成長を祈った小物が詰め込まれています。
浅草の熊手商の職人さんが手作りで作製してくださっているんですよ
一社一社、職人さんと打ち合わせをしてご用意するので、社長さんのお人柄や情熱、業種・サービス内容などが反映された完全オリジナルの一点ものでございます
たとえば上記の写真の場合では、社長さんの干支の亥がいたり、店舗経営の業種なので招き猫を中央にもってきたりというように工夫しております。


DSC_0253 (565x800)


毎回職人さんが素敵に仕上げて下さるので、ついつい御祝い小物の紹介に熱が入ってしまいます…!
お客様にもご好評いただいておりまして、皆さま事務所や店舗に飾ってくださっていて嬉しい限りです。

起業や法人成りをお考えの方、お悩みの方!ぜひ当社へご相談ください!
かわいい御祝い小物も待っております(^v^)



最後に年末年始の休業及び営業についてお知らせです。


■年末年始休業期間■
2012年12月28日(土) ~2013年1月5日(日)


お休み期間中にいただいたお問合せは、
2013年1月6日(月)より順次ご対応させていただきます。


本年は当社ブログへご訪問くださり誠にありがとうございました。
引き続き、来年もよろしくお願い致します!

どうぞ良いお年をお迎えください!!!


株式会社ココペリインキュベート
姜(かん)
スポンサーサイト

教育訓練給付制度

こんにちは、スタッフの安村です。
今日は夜から雪になるそうで、早めに帰りたいのですが
忙しい時期なので難しいところですね。

さて、先日ちょっとした資格の試験を受けました。
その試験が終わったあと、「次にまた何か受けようかな~」と
色々と探しているときにこんなものを見つけました。

教育訓練給付制度・・・?ほほう・・・?と思って調べてみると、
資格取得のために学校等に通おうと思った際に
雇用保険の加入期間等の一定の要件を満たせば
受講完了後に学費の20%にあたる額がハローワークから支給される制度でした。

学費が20万円だとすると、4万円のキャッシュバックです。
これは素晴らしい…
支給の要件に出席状況や到達度も含まれることから、
やる気が上がる効果もありそうですね。

企業への助成金もそうですが、
こういった公的な支援は上手に使いたいですね。

極寒です!

こんにちは!スタッフの本田です。
師走に入りぐっと寒くなりました。極寒です

しかし体感とはひとそれぞれのようで、
「今年に入ってまだ寒さを感じた事ないのだけど。」
と発言していた者が社内におりました
私がおかしいのでしょうか!?

さて、話は変わりますがお歳暮の時期がきましたね。
お歳暮とは、もともとの意味は新しい年を迎えるにあたり、
年神様さまに備えるためのものを持ち寄ったのが始まりだそうです。
次の年への付き合いを引き続きお願いする意味も込められていることもあり
1年間の締めくくりとして、お中元よりもお歳暮のを重視する傾向があります。
正月準備にとりかかる12月13日ごろに送られていましたが、
最近ではやや早く済ます傾向があり、12月の初旬には準備が始められます。

さてさて、お歳暮を贈った場合の勘定科目は贈答に該当しますので交際費になります。
そんな事は知っていますよね。

贈答品でも注意していただきたいのは、商品券等を購入した場合です。
商品券などいわゆるプリペードカード類は、消費税の非課税取引に該当します。
国税庁WEBページにもうたってあるように、
商品券などの譲渡に課税すると、最終的に提供を受ける商品やサービスが同じ一つのものであるにもかかわらず、二重に課税されることになります。したがって、このような二重課税を避けるために商品券などの譲渡には課税しないことになっています。


こういった混乱を避けるためにも、前もって交際費勘定には課税項目と非課税項目を用意しておくと良いかもしれませんね


--------------------
株式会社ココペリインキュベート
本田 遥 (Honda Haruka)
Web : http://www.kokopelli-inc.jp/

社員旅行

こんにちは、今週のブログ担当の林です。

先日の社内遠足ではビギナーにもやさしい鎌倉の山で、ハイキングをして気持ちいい汗をかいてきました
軽やかにランニングする人。自転車で颯爽と駆け抜けてく人。仲間でワイワイと山登りを楽しむお年寄りの方々。
みんなそれぞれの楽しみ方をしつつ、すれ違う時は爽やかにご挨拶。
マイナスイオンたっぷりのおいしい空気に癒され、山登りって素敵だな♪と感じた遠足でした
山道


ところで、最近は社員旅行って減ってきているとも耳にしますが…
忘年会をかねて12月に行かれる会社さんもあるのではないかな?と思います。
社員旅行は「福利厚生費」となります。が、
従業員側で給与として扱われる可能性があることに、注意が必要です

課税されない条件は2つ。
①旅行に要する期間が4泊5日(目的地が海外の場合には、目的地における滞在日数による。)以内のものであること。
②旅行に参加する従業員等の数が全従業員等の50%以上であること。
(所得税基本通達36-10より)

社員のモチベーションを高めたり、組織が同じゴールに向かうという意味で社員旅行は重要なイベントになると思います。
来年は海外なんて目標を掲げてみてはいかがでしょうか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。